「WordPressは難しい!」なんて言ったら笑われる!?コツとポイントをつかんでラクラク更新‼

wordpress 引用元:PEXELS

世界で最も多くの人たちが利用しているというブログツール『WordPress』。使ったことはなくても、その名前を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。 ただ、人気がある一方で、「使い方が難しい」といった声もちらほら。 そのため、なかなか利用に踏み切れない人も多いようです。

しかし、WordPressを上手く使いこなせば、ホームページの更新はラクラク。しかも、思い通りのホームページ作りもできるそう。 今回は、そんな夢のような無料ブログツール『WordPress』の魅力にじっくり迫ってみたいと思います。

WordPressってなに?何が出来るの?

wordpress2 引用元:unsplash

「ブログを書きたい!」と思ったその時から、選択肢の中に必ず登場する『WordPress』という言葉。しかし、このWordPressって一体どんなツールなのでしょうか。

そもそもWordPressとは、ブログを作成するために無償で公開され、誰でも自由に改良できるオープンソース。 そのおかげで、世界中のエンジニアたちがこのシステムの改良に加わり、より使いやすく進化した、と言われています。 もちろん、今なおこのシステムは進化中。

数々の改良を重ねた結果なのか、それほど専門知識が無くてもWordPressを使えば、意外と簡単にサイトを作りあげることができますし、これまで面倒だった記事の編集や更新作業もとてもラクに。 さらにある程度のスキルがあれば、高いデザインや機能を兼ね備えた、自分の思い通りのブログを一から作り上げることだってできるのです。

このように、WordPressはそれのみでも十分な機能を備えているのですが、さらに機能を付加したい時にはプラグインというツールを利用しましょう。WordPressの機能をさらに拡張することが可能ですよ。

例えば、メールフォームを設置するプラグインを利用すれば、メールアドレスを公開せずにサイトの訪問者からメールを受け取ることができます。 さらに、サイトの更新情報を、検索エンジン『Google』や『Yahoo!』などに送信するためのサイトマップを自動で作るプラグインを利用すれば、検索上位表示されやすくなる利点も。 これらのプラグインは全てユーザー自身の選択により使用することができるので、全てをインストールする必要はありませんし、インストールに際し、面倒くさい手続きをする必要もありません。

ただ、セキュリティー面に関しては最新の注意を払いたいもの。そのためにも、できるだけ多くの人から支持を得ているプラグインを選んで利用するように心がけましょう。

初心者がつまずきがちなポイントと解決法

wordpress3 引用元:PEXELS

どんなにWordPressの魅力がわかっても、利用にあたってそのハードルを高くしているのが、なかなか理解しにくいそのしくみ。中には知識がないと使えない難しい機能があったり、導入の際に混乱してしまうような設定もあるのです。 ここでは初心者がつまずきがちなポイントとその解決法をいくつか例をあげてご紹介いたします。

レンタルサーバーとドメインの設定が難しい

WordPressに限らず、サイトを開設する際に必要となるのがドメインとサーバーの存在。WordPress.com(https://ja.wordpress.com/)などの無料サービスを利用すれば、サーバーやドメインの準備などの難しい作業をすることなくサイトを開設できますが、その反面、広告の表示に制限があったり、独自のドメインが使えなかったり、とビジネス用のサイトづくりには不向き。

最近ではWordPressを簡単にインストールできる機能を備えたレンタルサーバーも登場しているので、ビジネス用のサイト作りを考えるならこれらのサーバーを利用するのがおすすめ。 面倒くさいドメイン取得も、レンタルサーバーを利用することによって、サーバー付属のドメインを利用することができますよ。

どのレンタルサーバーを利用すればいいの?

数あるレンタルサーバーの中で一つのサーバーを選ぶのはとても大変。 WordPressの公式サイト内のレンタルサーバー情報(http://wpdocs.osdn.jp/)を参考に、自分に最適なサーバーを見つけてくださいね。

おすすめのプラグイン

WordPressのインストールも済んで、いよいよ運用!のその前に、さらにWordPressを便利に使いこなすために必要なのが様々な種類のプラグイン。 プラグインには公式(https://ja.wordpress.org/plugins/)のものと非公式のものがありますが、ソースコードチェック済みの公式のプラグインに対し、非公式のものの中には明らかに意図して悪さをするプログラムを仕組んだものも…。 ただ、非公式のプラグインの中にも素晴らしいものが山ほど存在します。もし自分の利用したいプラグインが非公式のものであった場合には、大変かもしれませんがインストールする前にその情報を詳しく調べましょうね。

どうしても難しい時は・・・

wordpress4 引用元:PEXELS

ここまではWordPressの使い方についてご紹介してきました。ただ、システム操作が不慣れな人にとっては、さらに「難しい!」と感じてしまったかもしれませんね。 そこで、ここからは自分でのWordPressの運用がどうしても難しい人のために、その他のブログ運営方法をご紹介いたします。

別の類似サービスを使う

無料ブログツールはWordPressに限られたものではありません。ここではWordPressに類似した『Wix』と『Jimdo』、2つのサービスについてご紹介しましょう。

Wix

面倒くさい画像やテキストの配置をマウス操作ひとつで行うことが可能ですが、中にはシステムの都合でできないデザインも。 また、Wixの外部にデータをバックアップできない、というデメリットもあります。

Jimdo

難しいホームページの作成も、テンプレートを選ぶような簡単な作業だけでOK。ただ、デザイン性にこだわったサイト作りを目指す人には不向き。 さらにSEO効果を上げるためには、有料版を使用しなければいけません。 またWix同様、外部にデータをバックアップできないのでブログをJimdo以外の場所に移動する作業は、とても大変なものになります。

誰かに作業を頼む、ヘルプを求める

実際にWordPressのブログづくりにチャレンジしても、慣れない作業に難解さを感じ、途中で放り出してしまった人もいるのではないでしょうか。 そんな時には、作業に慣れた人に依頼するのも一つの手段。 自分の周りで探すのもいいですが、インターネットを利用すれば、さらに専門的知識を持った人を見つけることが可能です。

ただ気になるのは費用のこと。 例えば、ウェブサイト制作代行サービスに依頼した場合。1つのWordPressのサイトを制作するのに、ドメイン取得やWordPressのインストールなど初歩的な設定だと7万円前後、さらに簡単なサイトづくりまで行うなら10万円前後、その上デザインにこだわったサイト作りを依頼すると20万円前後かかるよう。

一方、クラウドソーシングサービスで制作技術のあるパートナーを見つければ、費用が相手との交渉次第ということも多く、比較的安く抑えられる場合もあるようです。 例えば、下にご紹介したクラウドソーシングには、比較的はウェブ制作に精通しているワーカーも多いよう。それぞれの利用方法を理解して、自分に最適なサービスを探してくださいね。

クラウドワークス https://crowdworks.jp/
ランサーズ http://www.lancers.jp/
Craudia   https://www.craudia.com/

さいごに

更新がラクだと言われる一方で、導入するのがちょっぴり大変なWordPress。しかし、導入すればこっちのもの。思い通りのホームページの運営だって夢ではありません。 もちろん、WordPressの導入を自分の手で行うか、他人に依頼するかはあなた次第です。 ただ、それに費やす時間と労力を考えるなら、外部に制作を依頼する方法を一つの選択肢として考えてみてもいいと思いませんか?

この記事を書いたのは

Bori

社会人。ITで世界を変えたいゲーム好き。